クラウドサーバの選定に必要な比較情報、新サービスリリース・キャンペーン情報を発信しています!

GoogleがIaasサービス「Google Compute Engine」をリリース!

米国Googleは2012年6月28日AM11:00(米国 現地時間)、Iaasサービス「Google Compute Engine」を発表した。
米国に限らず日本国内でもAmazonWebServicesが先行する中、GoogleがついにIaasサービスを発表しIaasサービスもグローバルな競争が激化することと予想される。

まだまだサービスは発表したばかりということもあり、選択肢はいくつか限られているようだ。

OSはUbuntuかCentOsを選択することが可能で、仮想コアが1,2,4,8コアの4つのタイプの中からいずれかを選択することができる。(1コアあたりメモリは3.75GB)
将来的にはより小さなタイプ、大きなタイプも選択することが可能になるとのこと。

仮想マシンの操作には、コマンドラインツールもしくはWebユーザーインターフェースが使える他、GoogleのAPIを使った大規模管理ツールを独自で構築することも可能。
料金などもすでにサービス紹介ホームページ上で発表されており、概ね下記となっている。

【最小構成での価格】
n1-standard-1-dプラン
・仮想コア1
・メモリ3.75GB
・ローカルディスク420GB
$0.145/時間~となっている。

【ネットワーク料金】
アメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカへの配信
月間流量により異なる
・0~1TBの場合 $0.12/GB
・1~10TBの場合 $0.11/GB
・10TB以上の場合 $0.08/GB

アジア太平洋、日本への配信
・0~1TBの場合 $0.21/GB
・1~10TBの場合 $0.18/GB
・10TB以上の場合 $0.15/GB

となっている。
【IPアドレス料金】
・静的IP $0.01/時間
・Ephemeral IP address 無料


▼詳しくはこちら
Google Compute Engine紹介ページ(Google)

Google Compute Engine価格表(Google)

Google Compute Engineデータシート(Google)