クラウドサーバの選定に必要な比較情報、新サービスリリース・キャンペーン情報を発信しています!

日立システムがAmazon Web Servicesのクラウドソリューションを提供開始

株式会社日立システムアンドサービス(本社:東京都港区、執行役社長:林 雅博/以下、日立システム)は、Amazon Web Services(以下、AWS)が提供するクラウド・ストレージ・サービス「Simple Storage Service」(以下、S3)を1月12日から渋谷駅周辺で実施しているエリアワンセグの実証実験の映像コンテンツを管理するストレージサービスとして採用しました。
 エリアワンセグの実証実験の映像コンテンツを格納するストレージサービスとして、AWSのSimple Storage Service(以下、S3)を採用しています。これまでは同様なシステムにおいて、映像コンテンツを格納するストレージを、専用ディスク装置として購入またはレンタルし、お客様設備またはデータセンター等に設置する必要がありましたが、AWS S3といった「パブリッククラウド(*1)」のサービスを用いることで必要なストレージをネットワークを介して準備することが可能となりました。AWS S3採用するメリットは下記のとおりです。
  • 使用した分のみ費用として支払うといった従量課金型のモデルにより、初期コスト・運用コスト低減
  • リソースが数分から数十分で利用可能となるため、システム構築、導入のスピード向上
  • 管理画面上でコンテンツの管理を行うことが可能でありシステム管理の運用性、操作性向上
  • 複数のストレージをS3上に設定することで、性能、信頼性の確保
 *1:パブリッククラウド:公共の交通機関のように必要な時に、必要なリソースを利用可能なクラウドサービス
 
日立システムは、今後もAWSの各種サービス、既存のインテグレーション、国内外の周辺技術の組み合わせで全体最適を実現するクラウドソリューションを順次提供および拡大してゆく予定です。
また、本プロジェクトを契機に米国Amazon.com, Inc.(以下、Amazon.com社)とソリューションプロバイダプログラムを締結し、渋谷のエリアワンセグの案件は事例(ケーススタディ)として掲載予定です。
 今回のAWSに関するソリューションプロバイダプログラムの締結に関して、AWS社のGeneral Manager Steve Rabuchin 氏から、以下のコメントをいただいています。
 「アマゾンウェブサービス(Amazon Web Services)は、世界中の組織が、クラウド上での情報処理やデータ保存、その他アプリケーションサービスの利用を可能とする、拡張性に富んだコンピュータインフラを提供しています。このたび日立システム様がエリアワンセグプロジェクト支えるインフラとして、アマゾンのサービスを活用していただいている事を大変うれしく思います。」
 
詳しくはこちら