クラウドサーバの選定に必要な比較情報、新サービスリリース・キャンペーン情報を発信しています!

さくらのクラウド(さくらインターネット株式会社)の特長

sakura_logo.jpg

石狩データセンターの開所に合わせて2011年11月15日15:00にサービスインしたさくらのクラウド」。
 自社データセンターを活用したスケールとコスト競争力を売りにしており、AmazonEC2の半額以下と噂されているが、もっとも特徴的なのは「従量課金なしでインターネット回線が利用可能」という点ではないだろうか。

 サーバプランのラインナップはCPU1コア、メモリ2GB、ディスク20GBのプランで月額2,500円~という価格は一般的なレンタルサーバVPSなどと比べて遜色ないものの、特別安いという料金ではない。

 さて、ここでよくあるのがネットワーク流量課金だが、AmazonEC2で取り入れられた考えのためか、ほとんどのIaasサービスには「ネットワーク課金」が存在するが、従来の国内レンタルサーバサービスではネットワーク課金を負担させているサービスは少なく、その点がVPSと比べて割高な印象を与えていた。

 さくらインターネットは老舗のレンタルサーバ大手とあって、この考えを見直し、従量課金がない代わりに、契約した機能で料金が確定する分かりやすい料金体系を整えてくれている。

 もちろん、クラウドならではの機能として、スナップショット作成などができるストレージも追加で契約可能で、スイッチの契約などをすればローカル環境を構築することも可能で、WEB、AP、DBサーバなどに分けた複数台構成も実現できる。

 従量課金はない代わりに制約される回線の太さ(100Mbps共有のネットワーク環境)でどこまでのサービスが可能なのか、今後の導入事例によって見えてくると想定される。

■サーバプラン料金
sakura_plan.gif
プラン13のような超ハイスペックなどが選択できることも特長の1つだ。

■追加ディスク
sakura_plan2.gif

▼詳しくはこちら
「さくらのクラウド」を11月15日より提供開始(さくらインターネット プレスリリース 2011.11.8)