クラウドサーバの選定に必要な比較情報、新サービスリリース・キャンペーン情報を発信しています!

パブリック・クラウドLibra(ライブラ)(株式会社エクシード)

libra-logo.jpg

【研究員の取材メモ】
「必要な時に必要な分だけ。」サーバリソースを「はかりうり」で提供するパブリック・クラウド Libra(ライブラ)。
2009年10月よりパブリッククラウドサービスの提供を開始しており、サーバの構築、起動、停止、リソース変更など管理に必要な操作がウェブ上から操作することができる。

他のパブリッククラウドサービスと異なるのは豊富に用意されているテンプレートだ。
テンプレートとは基本となるサーバー構成・環境の雛形のことで、WEB・DB・NAS・LBなどのサーバ構成及び、プログラムの環境などが一通り揃ったセットのことで、テンプレートを選択してプランを選択することで、素早く環境を用意することができる。

Libraテンプレート一覧
https://libra.xseed.co.jp/servers/templates

テンプレートを選択したあと、リソースを1ユニット(CPU0.2コア、メモリ0.5GB)単位で増やしたり減らしたりすることが可能で、LAMP系の環境で中小規模のWEBサービスを展開するには手軽で便利な印象だ。

メニュー表
https://libra.xseed.co.jp/other/クラウド型サーバサービス[Libra]メニュー表('11.09.07版).pdf

サービスを提供する株式会社エクシードは2006年に設立のまだまだ新しい会社だが、2010年2月26日より、大手ネットワークインテグレーターであるネットワンシステムズ株式会社(東証一部上場)の連結対象子会社となり、よりグローバルなクラウドサービス展開が期待される。


【ミニマム構成と料金】
●Plain Small v2
CPU:0.2コア
メモリ:512MB
HDD:30GB

初期:0円
月額:12,000円~(税別)
ネットワーク:上記料金に含む(100Mbps共有回線)

●CentOS5 S
CPU:0.2コア
メモリ:0.5GB
HDD:30GB

初期:0円
月額:6,000円~(税別)
ネットワーク:上記料金に含む(100Mbps共有回線)

●共有ファイヤーウォール(オプションサービス)
初期 2,100円
月額(1ポリシー運用あたり) 2,100円/月
変更費(1ポリシー変更あたり(申請対応)) 2,100円/回


【サービス会社からのおすすめポイント】

・ウェブ上から、快適・直感操作。
サーバの構築、起動、停止、リソース変更、再起動、削除など管理に必要な操作がウェブ上からのオペレーション操作で対応可能に。
また、課金状況や、サーバステータスも、同様にウェブ上でいつでも確認可能です。

・日本発・世界初の「即時調達」でクイックスタート。
あらかじめ用意されたテンプレートを選択するので、即時でサーバーズの利用が可能です。
※ただし、与信を含めたアカウントの取得が前提となります。

・必要に応じたリソース利用で、「スモールスタート」も可能に。
最小構成でスタートし、必要に応じてリソースを追加。そんな稼働状況に合わせたリソースの調整が、いつでも可能です。
※例 最小構成=メモリ:1GB、CPU:0.4コア、HDD:30GBで、¥12,000(税別)から。

・「使った分だけ、料金後払い。」
電気や水道のように、サーバも「使った分だけお支払い」のユーティリティコンピューティングを実現。ご利用料金は日割りで課金され、すべて後払いとなります。
必要に応じてリソースを調整することにより、コストの削減も可能に!

・データの冗長化が可能に。
データを守る、冗長化にももちろん対応。データがサーバ間で二重化されているため、ハードウェア障害時には少ない復旧時間でサービスの再開が可能になります。


【サービス紹介URL】
パブリック・クラウドLibra
https://libra.xseed.co.jp/

Libraとは
https://libra.xseed.co.jp/about/index.html