クラウドサーバの選定に必要な比較情報、新サービスリリース・キャンペーン情報を発信しています!

導入事例:郵便局株式会社(salesforce.com)

新聞や雑誌で取り上げられているクラウドサービスの導入事例。
その中でも興味深い大企業や組織の事例を紹介しよう。

今回紹介するのは「郵便局株式会社」だ。

全国2.4万もある事業所からの報告(お客様の声)を関連3事業者(ゆうちょ、かんぽ、郵便)に報告し、クロスセル営業を推進するための顧客管理システムのデータベース化にセールスフォースドットコムを導入している。

非常に大規模な組織でのCRMシステムをゼロベースで開発するとなると維持費を含めて何億かかるか果てしないIT投資が必要なものだが、既存のSaaSを元にカスタマイズを掛けていく形式のセールスフォースドットコムを利用すれば非常に短期間で使い勝手の良いCRMシステムの構築が可能だ。

下記は参考価格だが、現在すでに65000ユーザで利用している郵便局のシステムの落札価格は6億1000万円。
19カ月分のライセンス料と保守費用、開発費など初期費用すべてが含まれるのだが、カスタマイズの開発費は置いておいて、ユーザ数当初4万で落札されたので1カ月当たりのユーザーライセンス料を算出すると月額802.6円と非常に格安に提供されていることが分かる。

下記に参考までに定価を記載するが、規模によっては大きく値引きが期待できるシステムであり、従来はなかった大企業が導入する時代が到来したことにより、SaaS型のサービスが社会の公的なサービスに利用されるようになったことを象徴しているのではないだろうか。

【参考価格】
Salesforce CRM(SaaS型CRM)
クラウドコンピューティングモデルの統合CRM(顧客関係管理)アプリケーション。SFA(営業支援システム)、マーケティング、サービス&サポート、代理店管理、モバイル、アイデアス、コンテンツ管理の各アプリケーションに加え、GoogleのGoogle AppsやGoogle AdWordsとの連携アプリケーションも提供。利用機能などによって、5つEditionが用意されており、それぞれの価格は以下の通り。

Unlimited Edition(月額30,000円/1ユーザー)
Enterprise Edition(月額15,000円/1ユーザー)
Professional Edition(月額7,500円/1ユーザー)
Group Edition(月額3,000円/1ユーザー、上限5ユーザー)
Contact Manager Edition(月額600円/1ユーザー、上限2ユーザー)


【選定理由】
超短期間でのシステム構築/サービス提供が実現できる。
入力画面、項目の追加・変更等、サービス開始後のカスタマイズが容易である。
24,000拠点あるどの郵便局からも、インターネット回線があれば、アクセスできるアプリケーションである。
リアルタイムにレポートやダッシュボードを使って状況を確認でき、業務プロセスの可視化ができる。
堅牢なデータセンター設備とセキュリティ

【導入効果】
現在すでに、約65,000人のユーザにて利用
多様なレポート、データ抽出・加工による営業活動の分析能力向上
現場からのお客さまの声を把握できるようになり、適切な対応が可能になった。
全国ベースで、お客さまから取得した、「個人情報利用同意書」の取得状況確認が可能となった。
今後は、パイロット運用から本格利用に向けて、自社開発とSaaS利用の比較検証を行い、吸収できる業務・活用範囲の拡大を検討したい。

出典:独立行政法人 情報処理推進機構 HP
「クラウド・コンピューティング社会の基盤に関する研究会」報告書
http://www.ipa.go.jp/about/research/2009cloud/index.html

セールスフォースドットコムHP
http://www.salesforce.com/jp/customers/financial-services/japanpost.jsp